やすらぎ荘の様子の写真01
やすらぎ荘の様子の写真01
やすらぎ荘の様子の写真01

やすらぎの里に伝わるある伝説
いつの世にか
人のやさしさと真心といきどおりが
〝やすらぎの鐘〟を打ち鳴らした…と
なりひびけよやすらぎの鐘
永遠に語り伝えよ
人の愛を

理事長メッセージごあいさつ

やすらぎ荘は、4月に開所45年を迎えました。多くの方々のご援助とご協力のたまものと感謝しています。

本来、俳優の故・森繁久彌さんたちによって、全国でも例を見ない在宅の心身障がい児(者)療育訓練施設として、夜須高原に産声を上げました。以来、脳性まひ児の機能回復訓練と情緒障害児などの療育訓練を中心に活動をしてまいりました。

利用者は、九州はもとより全国から集まります。特に春と夏の動作法研修会には、アジアなど諸外国から研修生が参加します。

年間延べ約1万人の利用者があり、開所からの利用者は3月末で43万余を数えました。同時に、やすらぎ荘はご家族にとっても、お互いの生活を語り合い、励まし合う「やすらぎの場」となっております。

一方、やすらぎ荘は常時の収容施設でないため、国などからの措置費がなく、企業、団体や一般市民の方々の寄付金で運営されてきました。これまで、幾たびも存続の危機に直面しましたが、そのたびに募金運動など温かい地域ぐるみのご支援により、立ち直ってまいりました。

これからも、やすらぎの灯を消さないよう頑張ってまいりますので、ご支援のほどお願い申し上げます。

理事長 寺﨑 一雄

ごあいさつの写真

新着情報

新着情報一覧へ

訓練風景の様子の写真01
訓練風景の様子の写真02
訓練風景の様子の写真03
訓練風景の様子の写真04

ご支援について

私たちの活動は、皆様からのご寄付によって
支えられております。
皆様の温かいご支援をお願いします。

詳しくはこちら

アクセス

社会福祉法人夜須高原福祉村「やすらぎ荘」

福岡事務局(西日本新聞会館内)

詳しく見る