やすらぎ荘の歴史

あゆみの箱理事会で「夜須高原福祉楽園」建設案を決定

昭和45年2月

やすらぎ荘起工式

やすらぎ荘起工式

昭和45年11月

福岡西、福岡南、福岡舞鶴ライオンズがプールを寄贈

昭和46年7月

やすらぎ荘完成。社会福祉法人設立認可
森繁久彌(故人)が初代理事長に就任

昭和46年12月

やすらぎ荘開所式

やすらぎ荘開所式

昭和47年4月

常陸宮ご夫妻がご来荘

昭和47年7月

森繁理事長、福岡県知事を訪れ援助要請

昭和49年4月

福田利光西日本新聞社社長(故人)が理事長に就任

昭和50年9月

大浴場とリハビリテーション室を増築

昭和52年12月

福岡青年会議所、西日本新聞社、テレビ西日本が、「やすらぎ荘支援百万人基金運動」を展開。1億2300万円を集める

昭和59年5月

外壁塗装

昭和59年10月

「やすらぎの鐘」除幕式

昭和60年3月

福岡舞鶴第一ライオンズと同ライオネスクラブが記念碑建立

昭和63年5月

利用者延べ20万人を超す

平成元年12月

食堂棟を増築

平成2年4月

給湯・暖房ボイラー更新

平成3年12月

天皇・皇后両陛下がご来荘

天皇・皇后両陛下がご来荘

平成4年5月

トレーニングルーム「燦燦亭」落成

トレーニングルーム「燦燦亭」落成

平成5年8月

スロープ手摺取り替え工事

平成5年12月

浄化槽工事

平成10年2月

清水晃西日本新聞社社長(故人)が理事長就任

清水晃西日本新聞社社長(故人)が理事長就任

平成11年6月

利用者延べ30万人を超す

平成12年3月

30周年記念感謝のつどい開催

平成14年4月

1号機エレベーターリニュアル

平成15年11月

西日本新聞グループが、やすらぎ荘改修支援キャンペーン2800万円集める

平成18年9月

1階ロビー、事務所、訓練施設改修

平成19年2月

外装塗装

平成20年7月

客室改修、館内塗装、重障者用浴室設置

平成21年5月

駐車場造成

平成21年10月

大規模改修記念碑を建立

平成22年3月

ベーカリー「ともだち」オープン

ベーカリー「ともだち」オープン

平成23年7月

利用者延べ40万人を超す

平成23年8月

2号機エレベーターリニュアル

平成23年12月

あゆみの丘公園造成

平成24年3月

40周年記念感謝のつどい開催

平成24年4月

多田昭重西日本新聞社相談役が理事長就任

平成24年6月

仁田辰治氏より百年槇を寄贈

平成26年5月

寺﨑一雄テレビ西日本会長が理事長就任

平成26年6月
地下浴槽大改修
リョーユーパングループ北村俊策代表取締役会長兼CEOから全面負担及び「JOY倶楽部」三谷由芙さんが「花」をテーマに描かれる。

地下浴槽大改修

平成27年9月

大食堂LEDに変更

平成29年4月