療育訓練の内容

遠矢浩一

九州大学大学院人間環境学研究院
臨床心理学講座教授
人間環境学府附属総合臨床心理センター
子ども発達相談部門室長
日本リハビリテイション心理学会認定スーパーバイザー
http://www.hes.kyushu-u.ac.jp/~cpcenter/

やすらぎ荘においては、日本リハビリテイション心理学会および九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センターに所属するスーパーバイザーおよびトレーナーによって、 臨床動作法という心理学的リハビリテーション方法を用いて脳性麻痺による運動障がい、知的障がい、発達障がい等を伴う方々(トレーニーと呼びます)への支援を行っています。 障がい当事者の気持ちを理解し、尊重しながら、リハビリテーションを進めていきます。
臨床動作法は、かつての養護学校教育義務化の過程で文部省「肢体不自由教育の手引き」にも記載・推奨され、肢体不自由児の教育方法として全国の特別支援学校に普及しました。
そして、現在でも、さまざまな障がいを有するこどもたちのための特別支援教育領域、医療、福祉領域において幅広く活用されている技法です。

電気治療のような機械的な方法を用いることなく、トレーナーとトレーニーの1対1の個別のかかわりのなかで、ご自身がからだを動かす主体的な努力や気づきの過程を重視し、 丁寧に、自発的な動作の遂行を援助していきます。

臨床動作法は、我が国、臨床心理士取得第一号である成瀬悟策九州大学名誉教授が長年にわたり開発され、 指導を受けた全国の臨床心理学・特別支援教育関連大学の教授陣によって広く展開されている技法です。 いまや国内のみならず、アジア諸国にも普及しています。ぜひ、お気軽に、やすらぎ荘をおたずねください。

療育訓練の内容

動作法実施においては、日本リハビリテイション心理学会認定の、心理リハビリテイションスーパーバイザー資格およびトレーナー資格を持つ者が担当します。マンツーマンで、トレーニーの、からだとこころの状態を見ながら、トレーニーそれぞれに即したリハビリテーションを行います。トレーナーによるリハビリテーションだけではなく、家庭でも親御様とともに取り組んでいただけるよう、保護者へのフィードバックと技法学習も行います。

療育訓練料金体系

療育訓練、金曜日が日帰り訓練、1泊2日、1週間キャンプなど発達障がい(自閉症)、知的障がい、言語障がい、肢体不自由児、小児がんなどの療育キャンプが行われています。

料金体系
日帰り通園(親子1組)食事つき10:00~14:45
(50分×3回のリハビリテーションの実施。昼食付き)
3,400円
1泊2食(親子1組)11:00~翌14:004,000円
一般保養研修(お一人1泊2食)4,000円

※税込金額となります。

(注)当日キャンセルの場合は、料金の50%をお支払ください。